楽天ユーザーなら迷わず楽天カード!ポイントを貯めるコツを伝授

僕は楽天ポイントをこよなく愛する楽天ヘビーユーザーです。楽天市場を少しでも使う方なら絶対に楽天カードを持っていて損はありません。

今日はそんな楽天カードと楽天ポイントの魅力を少しまとめてみました。

楽天ポイントはなぜ貯まりやすい?

楽天カードのメリットは、なんといっても楽天ポイントがとっても貯まりやすいこと。楽天市場の買い物を楽天カードで支払うと、かなりポイントが貯まります。

それは楽天市場での買い物が最大で16倍になるというSPU(スーパーポイントアッププログラム)があるからです。

SPUの仕組みは、楽天市場のHPを見ていただければわかりますので、ここでは簡単に概要を伝えます。

 

ポイントアップ詳細

楽天カードポイントアップ詳細

 

通常、楽天市場で買い物をすると利用の1%相当が付与されます。その際に楽天カードで決済すると通常のカード利用分と併せて2%が付与されることになります。

つまり、3倍の3%分の還元率です。

先日僕が購入したミネラルウォーターと猫餌(2種)、猫砂を例にあげてみます。これらは僕が定期的に購入しているものです。

その合計は約15,000円(税抜)でした。

楽天会員分が150円、楽天カード分が300円の計450円がポイントの還元となります。実は、僕のカードは楽天ゴールドカードであるため、更に+2%です。

つまり計750円で5%の還元率となります。これは結構な還元率ですよね。でも実はこれは最低限の例です。

楽天ポイントはこんなものではなく、もっと貯めることができるのです。

楽天ポイントを貯めるのコツは?

他のクレジットカードの還元率は一般的には0.5%位と言われています。その中でも楽天カードは通常の街使いで1%なのでまあまあいいですよね。

ここからは僕が実践している楽天カードを使った楽天ポイントの貯め方をお伝えします。

すべての支払いを楽天カードにする

これは基本ですね。今はキャッシュレス時代です。ほぼすべての決済はクレジットカードで支払えます。

公共料金から日々のスーパーでの買い物、ランチ代、払えるものはすべてカードにしましょう。僕は電気も「楽天でんき」にしています。

今やいろんな会社が電気を提供していますが、どこもそんなに値段の差がないと思います。それなら楽天でんきも良いと思います。楽天市場での買い物の還元率が0.5%アップするからです。

楽天でんき」にすると還元率が0.5%アップする



 キャンペーン 楽天のでんき お申込みで2,000ポイントがもらえるキャンペーン【楽天エナジー】

クレジットカードが使用できないところは、QRコード決済で

そうは言ってもランチがメインの飲食店などでは、まだまだクレジットカードが使えないところも多いですよね。

そんなとき僕はQRコード決済を利用しています。ペイペイは小規模飲食店でも使えることが多いです。僕の会社の1階に来るお弁当屋さんでも使えました。

楽天ペイが使えるといいのですが、残念ながらペイペイに比べると使えるところが実はまだ少ないです。

QRコード決済でもなぜペイペイかと言うと、使えるところが多いことに加え、その都度100円単位でチャージができることです。余分なチャージをしなくて済みます。

もちろんそのチャージはソフトバンクまとめ支払いで最終的には楽天カードと連携されます。ペイペイが使用できないところではクイックペイも多用します。こちらはクレジットカードのように使えるものです。こちらも楽天カードと連携させます。

キャンペーン 楽天カード新規入会キャンペーン

ランチ代は月で約20,000円ほどですから、それだけで1%の200円分のポイントゲットです。今はキャッシュレス・消費者還元事業で別途2~5%還元されるので現金を使っている場合ではないですよね。

サラリーマンであれば、出張費は楽天トラベルで

僕は月に1回ほど地方出張に行きます。当然、その時は楽天トラベルでホテルの予約をします。支払いは楽天カードです。楽天トラベルを利用するとSPUが1%アップします。

楽天トラベルは「【日本最大級の旅行サイト】楽天トラベル」こちらから予約できます。出張や旅行の計画がある方は、楽天トラベルで予約した方がお得です。

つまり、楽天市場で購入するものの還元率がさらに1%アップとなります。飛行機に乗るなら「楽天プレミアムカード」や楽天ゴールドカードで空港ラウンジも無料で利用できます。

参考 楽天ゴールドと楽天プレミアムの「損益分岐点」毎月の支払い額がポイント

楽天のポイント投資をしよう

楽天証券を開設し、楽天ポイントで最低毎月500ポイント分の投資と楽天スーパーポイントコースの設定をすると楽天市場での還元率が1%アップします。

投資ですが、ゼロになってしまうものでもないので、毎月500円分くらい積み立て投資をしておくのがいいでしょう。

楽天銀行の開設とカード引き落とし設定

楽天銀行は、ネットバンクとして多くの人が利用しています。ネットで簡単に開設できますし、もちろん年会費等必要ありません。

スマホでも残高確認もできるし、振り込みも簡単にできます。専用アプリがあるのですごく便利です。

楽天カードを持っているなら楽天カードの引き落としを楽天銀行にしてください。それで楽天市場でのポイント還元率が1%アップします。

楽天銀行に申し込む

楽天銀行

楽天市場のセールをチェックしてポイントアップ

楽天市場では、ポイント還元率がさらにアップするキャンペーンが結構あります。よく知られているものでは「お買い物マラソン」などです。

学生の方なら楽天市場の送料無料がお得です。送料は結構バカになりませんよね。

参考 学生でも作れる「楽天カード アカデミー」ポイントアップがメリット

買いまわりをすればするほど楽天市場での還元率が増えていきます。購入予定のあるものなどは事前にチェックしておき、セール期間中にまとめて買うのがコツです。

なんだかんだで、とっても貯まる楽天カードの楽天ポイント

ランチの20,000円のポイント還元は、そうは言っても200円分なので少し小さく感じるかもしれませんね。

僕は、ほとんどの支払いをカードにすることで毎月、大体20万前後のカードの支払をしています。そうなると、日常生活でカードを使っているだけで2000円くらいは普通に貯まります。年間で24,000円分。

さらにSPUや楽天のセールを活用すると楽天ポイントはめちゃめちゃ貯まります。

僕はベースとなるSPUが大体、毎月8倍です。つまり8%還元です。楽天市場のポイントバックが8%って大きくないですか?

それにキャンペーンなどを利用することで、さらにポイントが獲得できます。なんだかんだで、僕は2019年1月から2020年1月現在までのポイント獲得分は64,677ポイントでした。

この獲得したポイントは妻に内緒ですから、自分の趣味のものを楽天市場で購入したりしています。

 

まとめ

楽天カードの一番のメリットは、高還元率であること、そして獲得したポイントが楽天市場などで広く使えることだと僕は思います。

せっかく貯まったポイントも使えなかったら意味がないですよね。また、貯まったポイントは楽天市場だけでなく、飲食店などでも使えます。家族でよく行く「くら寿司」やランチの節約で行く「すき家」に使えるのでサラリーマンの僕はとても重宝しています。

もしお得なカードを探しているのであれば、楽天カードがおすすめです。今なら、楽天カード新規入会&利用で5000ポイントもらえるキャンペーンもやっているようです。

フォローお願いします